>> TOP   >> お問い合せ  >> 個人情報保護  .

 個人情報保護に関する基本方針(プライバシーポリシー)

 香川県建設国民健康保険組合(香建国保)は、被保険者の氏名、住所、性別、生年月日、個人番号、電話番号のほか、適用に関する情報(資格得喪日、職種、健保適用除外等)、レセプトに関する情報(受診保険医療機関名、傷病名、診療内容等)、現金給付に関する情報(療養費、高額療養費、出産育児一時金、葬祭費、傷病手当金等)、給付調整に関する情報(労災保険適用情報、損害賠償責務を負う者の氏名、事故の状況、自賠責及び任意保険の加入状況等)、保健事業に関する情報(健診受診機関名、健診受診日、受診結果等)、保険料の賦課に関する情報(保険料種別、家族人数、減免等)などの個人情報(特定の個人を識別できる情報)について、以下の方針で取り扱います。

  1.

 香建国保は、取得した被保険者の個人情報について、適切な安全措置を講じることにより、個人情報の漏洩、紛失、き損又は個人情報への不正なアクセスを防止することに努めます。また、職員に対し個人情報保護に関する教育啓蒙活動を実施するほか、管理責任者を置き、個人情報の適切な管理に努めます。

  2.  香建国保は、個人情報の収集に当たり、国民健康保険法等の法令等で収集が義務づけられている場合を除き、被保険者に対して収集目的を明らかにし、あらかじめ同意をいただいたうえでご提供いただきます。

  3.  香建国保は、被保険者からご提供いただいた個人情報を利用目的の範囲内でのみ使用します。

  4.  香建国保は、あらかじめ被保険者の事前の同意を得た場合を除き、個人情報を第三者に提供いたしません。ただし、次の各号に該当する場合は、被保険者の同意を得ることなく、個人情報を第三者に提供することがあります。

    (1)  法令の定めに基づく場合
    (2)  人の生命、身体又は財産の保護のために必要であって、被保険者の同意を得ることが困難である場合
    (3)  公衆衛生の向上又は児童の健全な育成の推進のために必要であって、被保険者の同意を得ることが困難である場合
    (4)  国の機関もしくは地方公共団体又はその委託を受けたものが、法令の定める事務を遂行することに対して協力する必要がある場合であって、被保険者の同意を得ることにより当該事務の遂行に支障を及ぼすおそれがある場合

  5.  香建国保は、組合員の氏名、住所、性別、生年月日、被保険者証番号、電話番号、職種、就労形態及び勤務先情報並びに家族被保険者の氏名、性別、生年月日、続柄及び被保険者証番号について、組織人員の管理のために香川県建設労働組合と共同利用することがあります。なお、共同利用する個人情報の管理について責任を有する者は、香川県建設国民健康保険組合の理事長とします。

  6.  利用目的遂行のために業務を委託する場合、個人情報委託に関する委託先の適正な管理及び監督を行います。

 

7.

 香建国保は、個人情報に対する問い合わせや開示、訂正、削除を求められたときは、法令、個人情報保護に関する規程等に従い、対応します。

  8.  香建国保は、個人情報データベースに保管されている被保険者の個人情報をできる限り正確かつ最新の内容に保つよう努めます。

  9.  香建国保は、個人情報を取り扱うに当たっては、個人情報保護法、国が定める指針その他の規範及び香建国保の個人情報保護に関する規程等を厳正に遵守するとともに、本プライバシーポリシー及び個人情報保護に関する規程等の内容を継続的に見直し、改善に努めます。


「個人情報の保護について」へ戻る


トップページへ